強制ロスカットとは?利用者の最終防衛ライン

【稼ぐFX】初心者向けおすすめ業者ランキング

ロスカットとは?

読了までの目安時間:約 3分

 


初心者の中にはFXってやって借金してしまうようなことはないのか?と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

単刀直入に言えば借金となってしまう可能性はあります。

ですが、これはかなり可能性が低いもので、基本的には自分の投資した資産以上にマイナスになるという事はありません。
それはFXにはロスカットという強制決済システムがあるからです。

ロスカットってなに?

ロスカットというのは含み損(現在のレートで決済をした場合、発生してしまう損※反対は含み益)がある一定ラインを超えた場合、強制的にシステム側で決済をし、マイナスがそれ以上大きくならないようにするという仕組みです。

投資額を100万円としてわかりやすいロスカットの流れを例としてあげると

lect5

為替レートの変動で含み損が80万円になってしまった

これ以上マイナスが大きくなると含み損が100万円を超え借金の可能性

借金にならないように強制的に決済(ロスカット)

大まかな流れはこのようになっています。

厳密に言うと、FXは証拠金という制度が導入されている為、上の例とは多少ニュアンスが異なります。

ロスカットされる前にアラートが届く

上で説明をしたロスカットですが、これは相場が下がったなら何事もなくただいきなり強制的に決済をするという事ではありません。

基本的にはそれ以前に含み益がある程度大きくなった時点で「マージンコール」と言われるアラート(警報)が届きます。

これは、「決済しないとロスカットされてしまうので、今のうちに決済をするか、証拠金を追加するかしてください」という意味合いで行われているものです。

つまり危険信号となる訳で、基本的にはこうしたマージンコールを受けることがないよう事前にリスクヘッジをしておくことが大切ですが、もしマージンコールとなった場合は速やかに対応し、損益を最大限小さく留める為の対応が必要になります。

>>証拠金について

稼げるアフィリエイト

 

タグ : 

FX初心者講座    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: