副業初心者におすすめの儲かるFXの始め方

【稼ぐFX】初心者向けおすすめ業者ランキング

一目均衡表を見て相場を読む|FXテクニカル指標

読了までの目安時間:約 3分

 


FXの相場予想では主にテクニカル分析というものが用いられます。その中でも多くのトレーダーが参考にしている分析方法が「一目均衡表」というものです。

一目均衡表の見方

一目均衡表は「基準線」「転換線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」という5つの要素からなり、今後の相場の動きを予測します。

    • 基準線…過去26日間の高値と安値の中間値
    • 転換線…過去9日間の高値と安値の中間値
    • 先行スパン1…基準線と転換線の中間値を26日先に記入したもの
    • 先行スパン2…52日間の中間値を26日先に記入したもの
    • 遅行スパン…当日の終値を26日間さかのぼって記入したもの

主にこの一目均衡表で見るべき部分というのは、移動平均線で言うところの「ゴールデンクロス」や「デッドクロス」と同様に転換線が基準線を上抜ける場合や下抜ける場合に相場が動くと言われており、一目均衡表の場合は上抜けることを「好転」と言い、下抜けることを「逆転」と言います。

lect10

又、先行スパン1と先行スパン2で形成される間の空間を「雲」と呼び、この「雲」が相場予測に大きな意味を持っています。

現在の価格(ローソク足)が雲よりも上にある場合、一般的に価格の下落幅は雲よりも上とされ、雲の上限が支持帯となります。逆に雲よりもローソク足が下にある場合、雲が屋根ように被さり、下限が抵抗体となり相場の上昇に影響を与えます。

簡単に見ると、雲よりも上にローソク足がある場合は上昇トレンドとなり、下の場合は下降トレンドと言っていいでしょう。

最後に遅行スパンですが、一般的に現在の値が遅行スパンより下の場合は買いの強気相場となり、上の場合は逆に売りの弱気相場となります。
又、遅行スパンがローソク足を上抜いた場合は買いのシグナルで、下抜いた場合は売りのシグナルと言われています。

一目均衡表は世界でも最も使用されるテクニカル指標の一つですので、ぜひ参考にしてみてもらえたらと思います。

>>ボリンジャーバンドについて

 

タグ :  

FX初心者講座    コメント:0